只今電話に出られません。
お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

SDGs 脱プラスチックノベルティ特集

海洋汚染対策となる脱プラスチックに向け、取り扱いのノベルティに中にもいくつかSDGsに適合するものがあります。名入れのできるアイテムも多々あり、自社PRと合わせ、脱プラスチックに向けた企業としての姿勢を示すのにいいアピールとなります。掛け声だけでなく、一人一人が実行に移すことこそが海洋汚染対策となります。

2021年6月4日に国会で成立した新しい法律「プラスチック資源循環促進法」。深刻化する海洋プラスチックごみ問題や気候変動問題などへの対応を目的としたもので、プラスチック製品の設計から廃棄物処理までに関わるあらゆる自治体や事業者が対象になっています。

プラスチック資源循環促進法を簡単にまとめると、プラスチックを扱う各自治体や事業者が「3R+Renewable」を意識した取り組みを進める仕組みをつくるための法律です。

3R+Renewable
  • Reduce:ごみの発生を減らす
  • Reuse:使い捨てにせず、繰り返し使う
  • Recycle:貴重な資源として再利用する
  • Renewable:再生可能な資源に置き換える

プラスチック資源循環促進法は2022年に施行される予定で、各自治体や事業者はこの法律へ対応するための取り組みを進めていく必要があります。

バイオマス原料を使用し石油の使用を削減


バイオマス(動植物から生まれた有機性資源)の原料となるホタテの貝殻や紙から製造することで、現プラスチック製品の代替が可能であり、 石油の使用量を減らすことが可能です。

プラスチックに代わる素材として注目のバンブーファイバー。天然素材の有効活用で地球にやさしい暮らし。


農薬や化学肥料を使わない自然に自生している、竹を原料とする自然素材。竹の繊維のことをバンブーファイバーと言います。軽くて強度に優れたバンブーファイバーはプラスチックに代わる素材として各業界から注目されています。ノベルティとしては、特にバンブーファイバーを粉状にしたものに、コーンスターチやアミノ酸由来の樹脂を混ぜて作られる食器類がエコでかわいいと評判です。
バンブーファイバーを使った食器は化学物質が含まれていないため、燃やしてもダイオキシンが発生する心配がなく、土に埋めると微生物によって生分解され、数年で土に還るので地球環境にとてもやさしい素材と言えるでしょう。また、製造工程において二酸化炭素の排出量がとても少ないという点でも環境に配慮した素材なのです。

海洋汚染の大きな原因の一つペットボトルをマイボトルに。


毎年500万トンから1300万トンもの量のペットボトルが世界中の海に流入している、という事実を無視するわけにはいきません。先日(2019年6月)の大阪で開催されたG20でも国内大手ボトルメーカーがステンレスマグボトルを5,500本会場に提供した、ということがニュースになったように、ペットボトルによる海洋汚染の深刻度は待ったなし、ということが言えます。
軽量で携帯しやすいアルミボトルや保温・保冷効果のある真空ステンレスボトルは、ペットボトルに代わるマイボトルとして注目されています。

セルトナ・ループ付きアルミボトル
名入れ
選択可
197351-ES

セルトナ・ループ付きアルミボトル

328円
  • ブラック
  • ブルー
  • レッド
  • オレンジ
  • グリーン
アルミマウンテンボトル 400ml
名入れ
選択可
TS-1323-005-TW

アルミマウンテンボトル 400ml

440円
  • ホワイト
  • ブラック
  • シルバー
アルミボトル(300ml/ツヤあり/カラビナ付)
名入れ
選択可
042140-FV

アルミボトル(300ml/ツヤあり/カラビナ付)

275円
  • ホワイト
  • ブラック
  • シルバー
アクティブアルミボトル500ml
名入れ
30845-MT

アクティブアルミボトル500ml

306円
ワンタッチカービングサーモボトル 360ml
名入れ
選択可
TS-1534-044-TW

ワンタッチカービングサーモボトル 360ml

1,155円
  • ホワイト
  • ブラック
  • ネイビー
Zalattoサーモハンドルスタイルボトル 350ml
名入れ
選択可
TS-1411-044-TW

Zalattoサーモハンドルスタイルボトル 350ml

1,485円
  • ホワイト
  • ブラック
  • ネイビー
  • レッド
  • カーキ
  • グレー
ワンタッチスリムボトル(260ml)
名入れ
選択可
113147-FV

ワンタッチスリムボトル(260ml)

825円
  • ホワイト
  • ブラック
  • レッド

大手カフェチェーンが2020年迄にプラスチックストロー提供を中止などストローも携帯する時代。


海に流れ着いたプラスチックストローを間違えて飲み込んでしまったウミガメの悲惨な状況は見るに堪えません。最終的にたどり着く海を、生分解性がなく紫外線や波の力などで細かく砕かれてマイクロプラスチック化するプラスチックは、小魚たちが飲み込んでしまうことで食物連鎖の関係から、石油由来の化学物質摂取により最終的に自分たちのところに影響が出るといわれています。
コーヒーチェーン世界最大手のスターバックスが2020年までに世界中の全店舗からプラスチックストローの提供をやめると発表されてから久しいのですが、日本国内でも同調する動きが見られたり、紙製ストローや木製ストローなど、捨てたとしても自然に還る天然資源で作られたストローが脚光を浴びています。
捨てても問題ないことを前提に作られた紙ストローや、アルミなどで作られた継続して使えるマイストローを携帯する時代が来ているのです。

レジ袋をやめ、エコバッグなど継続的に使用できるショッピングバッグを常備。


ほぼ毎日のお買い物で使用するレジ袋が2020年すべての業種で有料化が義務付けられます。風に舞い、ひらひらと川や海まで到達してしまうレジ袋は海洋汚染の内でも最も量的に多いものと言われています。すでにスーパーではマイバッグを使用している人が多くなりましたが、コンビニやドラッグストアなどレジ袋が無料で貰えるところではほとんどマイバッグが浸透していないため、これらの量的規制をするための有料化とみられています。コンパクトに折りたためるエコバッグなら常に携行しやすくちょわずかな買い物なら十分に機能を発揮します。また、最近ではコンビニのお弁当に特化したエコバッグなどもノベルティとして新製品が出てきました。名入れをしても低コストで配布のできるエコバッグはSDGsをアピールするにも使い勝手のいいアイテムです。
コンビニ、ドラッグストアや一般店舗など、有料化を前に配布することを検討してみてはいかがでしょうか?

カトラリーはSDGsなカトラリーページへ

最近チェックした商品